■TOPICS

3月1日(土)OPEN!
鈴鹿サーキット内の改修だけではなく遊園地、また鈴鹿市内の各施設も取り上げていきます。お楽しみ!
■改修計画詳細発表時の記事(CIRCUIT DIARY)
■鈴鹿サーキット改修計画のご案内(PDFファイル 1,020KB)

--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月07日

●鈴鹿サーキット改修工事に関するご案内。

11月6日鈴鹿サーキットより改修計画についてのリリースが発表されました。
以下リリースより


”2007 年11 月6 日

鈴鹿サーキット改修工事に関するご案内

鈴鹿サーキットは、今シーズンのモータースポーツビッグイベントが終了する11 月末から、レーシングコースエリアの改修工事に着手します。工事期間は、2008 年3 月までと、2008 年9 月~2009 年3 月末までを予定しています。

鈴鹿サーキットは、より快適で安全なサーキットを目指し、これまでも改修工事を行ってまいりましたが、このたびの工事はレーシングコースエリアのより高い利便性と快適な観戦環境作りのため、パドック・ピット及び観客席エリアを中心とする大幅な改修工事になります。
つきましては工事に伴い、来シーズンはレーシングコース施設の使用を一部期間で制限せざるを得ません。モータースポーツ観戦や活動を楽しみにされているお客様ならびに関係者の皆様には多大なご不便ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解ご協力頂きますようお願い申し上げます。

尚、2007 年11 月から2008 年3 月にかけては、パドック改修の準備工事となります。2008 年9 月から2009 年3 月末は、新ピットビルディング建設・ご観戦エリア整備などの工事を予定しています。
改修内容の詳細は、2008 年3 月のモータースポーツファン感謝デーにてご案内予定です。”

スポンサーサイト
2007年11月07日

●山田池

鈴鹿サーキットのパドック内にある”山田池”が今回の改修工事により姿を消す事になった。
山田池
画像は10月30日現在の山田池、既に水が抜かれている。


山田池は鈴鹿サーキットが開設される以前より稲生地区の水田用の溜め池として利用されてきました。
今回パドックエリアの拡大に伴い池の埋め立て案が浮上し周辺の農家や鈴鹿市との協議により池の埋め立てに同意が得られた。
今後の地質調査や測量を得て埋め立てられ新しいパドックエリアとして生まれ変わる事になる。
2007年11月12日

●サーキット場内でワンセグ放送!

本日サーキットよりリリースが発表され11月17~18日に開催されるFニッポンでエリア限定型ワンセグ放送の公開実験が行われる事が発表された。
リリースによると東コースのグランドスタンドエリア限定でサーキットビジョンで流れている映像と音声が放送されます。視聴方法は当日ブースにて発表されるとの事です。

以下リリースより


2007 年11 月12 日

株 式会社モビリティランド
鈴鹿サーキット

ワンセグ放送による観戦環境充実に向け鈴鹿サーキットでレース中継エリア限定型ワンセグ放送の公開実験を実施

鈴鹿サーキットは、株式会社TBS ビジョン・エリアポータル株式会社とともに、レーシングコース場内で観客及び関係者向けにレース実況映像とイベント情報等の提供を目的としたワンセグ放送技術による情報伝送実験を行ないます。
今回の実験は、国内最高峰のフォーミュラカーレース「全日本選手権フォーミュラ・ニッポン最終戦鈴鹿サーキット」において株式会社日本レースプロモーション(JRP )からの映像供給のもと、場内の大型カラービジョンでも放映されている映像を利用し実施いたします。また、音声は場内実況放送を利用します。
本技術実験は、ワンセグ対応端末(TV 付き携帯電話・携帯ゲーム機など)を利用し場内のみでご覧いただくサービスを想定して行われる実験放送で、(1 )サーキット場内の複雑な空間におけるワンセグ電波の送受信特性を検証する電波伝播実験の評価に加え、(2 )エリア限定型ワンセグ放送システムの特性を生かした場内での視聴スタイルの検討・ワンセグ放送との連携の有効性の評価を行なうもので、その結果を関連官庁、関連企業・団体等へ報告する計画です。
本公開実験では、実際にワンセグ対応端末(*)を使って、鈴鹿サーキット東コースの一部を視聴可能エリアとしたエリア限定ワンセグ放送でのレース映像をご覧いただく事が可能です。
また、実験当日はグランプリスクェアにブースを設置し、ファンの皆様へのデモンストレーションと端末の一部貸し出しとアンケート調査を行なう予定です。
*お手持ちのワンセグ対応携帯端末(TV 付き携帯電話など)でもご視聴いただけます
*ブースにて、視聴方法及びアンケート調査方法をご案内いたします。

公開実験の概要
(1 ) デモンストレーション日時:2007 年11 月17 日(土)~18 日(日)全 日本フォーミュラ・ニッポン最終戦鈴鹿大会 公式スケジュール時間内
(2 ) 実施会場:鈴鹿サーキット国際レーシングコース東コースエリアの一部(視聴可能予定エリア: V ・S1 ・S2 ・A 席、GP スクェア、パドック、)
(3 ) 提供コンテンツ:レース中継映像・イベント情報などのデータ放送
(4 ) 対象モニター:実験用ワンセグ対応端末貸し出し者
(5 ) 映像協力:株式会社日本レースプロモーション
(6 ) ご注意事項
・お手持ちのワンセグ対応携帯端末(TV 付き携帯電話など)でもご視聴いただけます
・実験での展開のため視聴できない時間や場所が有る場合があります
・お手持ちの携帯端末では視聴できない場合があります

2007年11月13日

●新しいお風呂スポットが春にオープン!

今年6月にベルシティの横にオープンしたロックタウン鈴鹿ショッピングセンター内に現在温泉施設が建設されています。
案内によると平成20年の春のオープンで、名前は「(仮称)ロックタウン 鈴鹿の湯」となっており、2年後のF1開催時はベルシティの隣という立地の良さも手伝ってクア・ガーデン、ロックの湯、さつき温泉に続く第4の鈴鹿のお風呂スポットとして人気が出そうですね。
入湯料や営業時間などの詳しい情報は入り次第ご案内していきます。

(仮称)ロックタウン 鈴鹿の湯 外観
春のオープンに向けて建設中。



2007年11月15日

●アクセスが更に便利に!

2008年3月に"新名神高速道路"の草津田上IC~大津JCT~亀山JCT間が開通することで草津~鈴鹿間が約30分(約50km)に短縮されるため、滋賀京都をはじめ大阪北部や兵庫など関西方面からのアクセスがさらによくなります。
2009年のF1再開時には多くの方がこの新名神高速道路を利用して来場されるのでしょうね。

2007年11月19日

●F1再開イベント開催

11月17~18日開催のFニッポン第9戦と翌19日に開催されたSAF1&ARTAフェスタの際にグランプリスクエアにて「2009年 F1日本グランプリ in 鈴鹿 再開記念イベント」が開催されました。
各日中木戸ゲートで記念のピンバッジを配布、テント内では過去のメモリアルマシンの展示、「墨のF1 垂井ひろしイラスト展」が行われ多くのお客様で賑わっていました。

詳しいイベントのレポはこちら

2009年 F1日本グランプリ in 鈴鹿 再開記念イベント

2007年11月19日

●山田池

先日もお伝えしました山田池の様子ですが、前回はパドック側からの画像しかなかったので、今回は逆バンク~ダンロップへ向かう通路側からの画像を撮って来ました。(11/19現在の画像です。)

山田池とピットビル
水が抜け干からびた山田池と改修が予定されているピットビル。

逆バンク方面の山田池
逆バンク方面、こちらも完全に水が抜けた状態になっています。

ところどころに杭が刺さっていましたがまだ本格的な作業は行われていないようです。
無くなってしまうとわかるとなんだか少し寂しさを覚えますね。

オマケ
B席からの山田池
B席方面から見た山田池。
2007年11月20日

●あの”のりもの”が帰ってくる!

みんなに惜しまれながらも、お空の「光の点」を調査しに旅立ってしまったあの”のりもの”が3月に帰ってくるよ!
おかえり

どんな姿でみんなの前に帰って来てくれるのかとっても楽しみだね。
またあおうね でんでん
2007年11月21日

●モートピアに新エリアが登場!

2008年春鈴鹿サーキットモートピアに新しいエリアが誕生します。
その名も「チララのハローガーデン」
エリアの詳細はまだ発表されていませんが、名前を見ただけでもなんだかワクワクしますね。

チララのハローガーデン
工事エリアの仕切りにはかわいいチララちゃんが描かれています。

工事中のハローガーデン
11/19現在の工事中の様子
2007年11月27日

●今週の山田池(11/23)

11/23ラリーフェスタに行って来たのでパドック側から山田池を撮影してきました。
作業はまだ始まっていませんでしたが、一部土が盛られていたり、発電機らしき機材などが置かれており近々作業が始まるような雰囲気が漂っている。

山田池
真ん中奥の部分に土が盛られていた。手前には杭が打たれている。

山田池
左側に小さく写っている機材。何らかの作業が近々始まりそうだ。


今週の干からび指数は・・・。

60

でした。
2007年11月28日

●新名神高速道路2/23開通!

先日お知らせしました新名神高速道路ですが11/21中日本高速道路と西日本高速道路より2008年2月23日午後3時に開通される事が発表されました。
今回の開通区間は草津田上(くさつたながみ)IC~亀山JCTの約50km。
甲南PAと土山SAの二箇所に休憩施設が設置され、途中県境を跨ぐ形で掘られた約4Kmの鈴鹿トンネルを持つ。
草津田上IC~鈴鹿ICまでの普通車の料金は1550円で、2008年6月30日まで早期開通割引▲700円が適用され850円で通行する事が出来る。

新名神高速道路HP 

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。