■TOPICS

3月1日(土)OPEN!
鈴鹿サーキット内の改修だけではなく遊園地、また鈴鹿市内の各施設も取り上げていきます。お楽しみ!
■改修計画詳細発表時の記事(CIRCUIT DIARY)
■鈴鹿サーキット改修計画のご案内(PDFファイル 1,020KB)

--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月12日

●サーキット場内でワンセグ放送!

本日サーキットよりリリースが発表され11月17~18日に開催されるFニッポンでエリア限定型ワンセグ放送の公開実験が行われる事が発表された。
リリースによると東コースのグランドスタンドエリア限定でサーキットビジョンで流れている映像と音声が放送されます。視聴方法は当日ブースにて発表されるとの事です。

以下リリースより


2007 年11 月12 日

株 式会社モビリティランド
鈴鹿サーキット

ワンセグ放送による観戦環境充実に向け鈴鹿サーキットでレース中継エリア限定型ワンセグ放送の公開実験を実施

鈴鹿サーキットは、株式会社TBS ビジョン・エリアポータル株式会社とともに、レーシングコース場内で観客及び関係者向けにレース実況映像とイベント情報等の提供を目的としたワンセグ放送技術による情報伝送実験を行ないます。
今回の実験は、国内最高峰のフォーミュラカーレース「全日本選手権フォーミュラ・ニッポン最終戦鈴鹿サーキット」において株式会社日本レースプロモーション(JRP )からの映像供給のもと、場内の大型カラービジョンでも放映されている映像を利用し実施いたします。また、音声は場内実況放送を利用します。
本技術実験は、ワンセグ対応端末(TV 付き携帯電話・携帯ゲーム機など)を利用し場内のみでご覧いただくサービスを想定して行われる実験放送で、(1 )サーキット場内の複雑な空間におけるワンセグ電波の送受信特性を検証する電波伝播実験の評価に加え、(2 )エリア限定型ワンセグ放送システムの特性を生かした場内での視聴スタイルの検討・ワンセグ放送との連携の有効性の評価を行なうもので、その結果を関連官庁、関連企業・団体等へ報告する計画です。
本公開実験では、実際にワンセグ対応端末(*)を使って、鈴鹿サーキット東コースの一部を視聴可能エリアとしたエリア限定ワンセグ放送でのレース映像をご覧いただく事が可能です。
また、実験当日はグランプリスクェアにブースを設置し、ファンの皆様へのデモンストレーションと端末の一部貸し出しとアンケート調査を行なう予定です。
*お手持ちのワンセグ対応携帯端末(TV 付き携帯電話など)でもご視聴いただけます
*ブースにて、視聴方法及びアンケート調査方法をご案内いたします。

公開実験の概要
(1 ) デモンストレーション日時:2007 年11 月17 日(土)~18 日(日)全 日本フォーミュラ・ニッポン最終戦鈴鹿大会 公式スケジュール時間内
(2 ) 実施会場:鈴鹿サーキット国際レーシングコース東コースエリアの一部(視聴可能予定エリア: V ・S1 ・S2 ・A 席、GP スクェア、パドック、)
(3 ) 提供コンテンツ:レース中継映像・イベント情報などのデータ放送
(4 ) 対象モニター:実験用ワンセグ対応端末貸し出し者
(5 ) 映像協力:株式会社日本レースプロモーション
(6 ) ご注意事項
・お手持ちのワンセグ対応携帯端末(TV 付き携帯電話など)でもご視聴いただけます
・実験での展開のため視聴できない時間や場所が有る場合があります
・お手持ちの携帯端末では視聴できない場合があります

スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。